Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトもバージョンアップ? 日本語対応の最新版に注意

セキュリティソフトを騙り、偽の感染アラートなどで購入を迫るマルウェア「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版が確認された。

「WinAntiVirusPro」は、ウイルスやスパイウェアなど実際に存在しないにもかかわらず感染報告を表示し、「削除のためには購入する必要がある」として金銭を詐取するマルウェア。

2006年に「WinAntiVirusPro 2006」として登場以来、英語版だけでなく日本語版も出回っていた。最新バージョンとなる「同2007」では、先に英語版が登場していたが、セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアでは、今回日本語対応版の存在を確認したという。

ウェブルートでは、同ソフトをインストールしてしまった場合もアンインストーラで削除が可能なため、危険性は低いとしているが、誤って購入しないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県