Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトもバージョンアップ? 日本語対応の最新版に注意

セキュリティソフトを騙り、偽の感染アラートなどで購入を迫るマルウェア「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版が確認された。

「WinAntiVirusPro」は、ウイルスやスパイウェアなど実際に存在しないにもかかわらず感染報告を表示し、「削除のためには購入する必要がある」として金銭を詐取するマルウェア。

2006年に「WinAntiVirusPro 2006」として登場以来、英語版だけでなく日本語版も出回っていた。最新バージョンとなる「同2007」では、先に英語版が登場していたが、セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアでは、今回日本語対応版の存在を確認したという。

ウェブルートでは、同ソフトをインストールしてしまった場合もアンインストーラで削除が可能なため、危険性は低いとしているが、誤って購入しないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携