Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトもバージョンアップ? 日本語対応の最新版に注意

セキュリティソフトを騙り、偽の感染アラートなどで購入を迫るマルウェア「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版が確認された。

「WinAntiVirusPro」は、ウイルスやスパイウェアなど実際に存在しないにもかかわらず感染報告を表示し、「削除のためには購入する必要がある」として金銭を詐取するマルウェア。

2006年に「WinAntiVirusPro 2006」として登場以来、英語版だけでなく日本語版も出回っていた。最新バージョンとなる「同2007」では、先に英語版が登場していたが、セキュリティベンダーであるウェブルート・ソフトウェアでは、今回日本語対応版の存在を確認したという。

ウェブルートでは、同ソフトをインストールしてしまった場合もアンインストーラで削除が可能なため、危険性は低いとしているが、誤って購入しないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT