Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護「過剰反応」には周知徹底や運用で対応 - 国民生活審議会

内閣府の国民生活審議会は、個人情報保護部会において個人情報保護に関する議論を進めてきたが、報告の素案をまとめた。6月下旬をめどに最終報告を取りまとめる予定。

2005年に施行となった個人情報保護法では、3年をめどに必要な措置を講じるとしており検討を重ねてきた。今回用意された素案では、個人情報保護法が施行されて以降、一部で誤解や拡大解釈されるケースや地方公共団体の業務に支障が発生するといった「過剰反応」について、法の解釈や運用基準を明確化,事業分野ごとのガイドラインによる対応や周知徹底を進めることにより対応するとした。

また今回の素案では事業分野の実情を踏まえつつもガイドラインの共通化が検討する必要がある点を言及したほか、2006年に検討課題を取りまとめた際に取り上げられた個人情報の保有量が5000を超えない事業者への対応については、法の義務の実行可能性から現行水準が妥当としている。

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT