Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

波紋広がる自治体委託先からの個人情報流出事件 - 北秋田市や対馬市も

地方公共団体の業務を受託していた山口市内の事業者から、愛媛県愛南町や山口市の住民に関する個人情報がWinnyネットワーク上へ流出した問題で、北秋田市や対馬市の住民情報も流出していたことがわかった。

北秋田市では、同市へ合併した旧鷹巣町と旧森吉町の個人情報が流出が判明。同市の委託先であるNECが山口電子計算センターへ処理を再委託していたため、氏名や住所など約700件の個人情報が流出したという。

また長崎県対馬市でも、同市委託先であるBCCから山口電子計算センターに再委託しており、公営住宅の家賃システムに関する個人情報、氏名や住所など1132件の個人情報が流出。詳細について調査を進めている。

対馬市
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション