Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、国内にウイルス解析センターを設立 - 日本独自の脅威情報を収集

トレンドマイクロは、日本国内を対象としたウイルスやスパイウェアに対応する「リージョナルトレンドラボ」を設立した。日本国内に特化した脅威情報を収集し、パターンファイルや駆除ツールなどを提供する。

不正プログラムによる攻撃が、従来の不特定多数を対象としたものから、特定地域をねらった金銭や個人情報の詐取、国産ソフトへの攻撃へ移行する傾向があることから、同社では同センター設立により国内向けの対応について強化を図る。

同センターでは、国内で流行しているウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムを収集するとともに、それらを検出するパターンファイルを作成。また、収集した情報をもとに世界と日本の脅威を比較分析し、新しい攻撃の調査やより効果的な対策法の開発に利用する。

提供されるパターンファイルは、プレミアムサポート契約を結んだ法人顧客を対象に、一時的なバンテージパターンファイルとして提供される。オフィシャルのパターンファイルについては、従来同様フィリピンの同社ラボが提供する。

また、同ラボ内に「Trend Micro Monitoring Operation Center」を設置。2007年第4四半期から法人顧客向け監視サービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用