Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、国内にウイルス解析センターを設立 - 日本独自の脅威情報を収集

トレンドマイクロは、日本国内を対象としたウイルスやスパイウェアに対応する「リージョナルトレンドラボ」を設立した。日本国内に特化した脅威情報を収集し、パターンファイルや駆除ツールなどを提供する。

不正プログラムによる攻撃が、従来の不特定多数を対象としたものから、特定地域をねらった金銭や個人情報の詐取、国産ソフトへの攻撃へ移行する傾向があることから、同社では同センター設立により国内向けの対応について強化を図る。

同センターでは、国内で流行しているウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムを収集するとともに、それらを検出するパターンファイルを作成。また、収集した情報をもとに世界と日本の脅威を比較分析し、新しい攻撃の調査やより効果的な対策法の開発に利用する。

提供されるパターンファイルは、プレミアムサポート契約を結んだ法人顧客を対象に、一時的なバンテージパターンファイルとして提供される。オフィシャルのパターンファイルについては、従来同様フィリピンの同社ラボが提供する。

また、同ラボ内に「Trend Micro Monitoring Operation Center」を設置。2007年第4四半期から法人顧客向け監視サービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2007/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず