Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛南町の情報漏洩件数はのべ約14万件 - 全世帯訪問し謝罪

愛媛県愛南町の業務委託先から個人情報などがWinnyネットワーク上へ流出した問題で、流出件数がのべ14万2843件にのぼることがわかった。

流出したのは3年前の合併時におけるデータで、合併した5町についてはいずれも住民基本台帳に関する情報が含まれ、法人個人あわせて6万8426件が流出。住民票コードも3万3773件にのぼる。そのほか、国民年金や老人保健、銀行口座、選挙情報など合わせてのべ14万2843件が漏洩した。

業務委託先である愛南町のデンケンが無断で山口市の山口電子計算センターへ再委託していた。同町では、職員で全世帯を訪問して事情を説明、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化