Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

役員PCから顧客情報191件などがShare流出 - 和歌山の不動産仲介会社

和歌山県海南市で不動産事業を展開するホームズは、役員のパソコンがウイルスに感染し、顧客や社員の個人情報がShareを介してネット上に流出していたと発表した。

同社が管理する物件の入居者の個人情報が流出したもので、5月14日に流出が判明した。氏名、建物名、電話番号など191名分が含まれる。さらに従業員30名の名簿や給与明細なども合わせて流出した。

同役員は、社内規定に違反してデータを個人所有のパソコンに保存していたという。同社では、関連する顧客に対し説明と謝罪を実施した。また、関係役員の厳正な処分を検討するとしている。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起