Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポリシー違反のメール送受信を警告により抑止「MaCoTo for Outlook」

日立ソフトウェアエンジニアリングは、あらかじめ設定したポリシーに従って警告を発することで、不適切なメール送受信を抑止する製品「MaCoTo for Outlook」を、5月末日より販売する。

同製品は、メール送信時および受信メールの開封時にあらかじめ設定されたポリシーチェックを行い、ポリシーに抵触する場合には利用者に警告を表示するセキュリティソリューション。利用者は問題がないか確認したうえでメールの扱いを判断するため、不適切なメール送受信を抑止するとともに、利用者のコンプライアンス意識の向上も期待できるという。

メール送信時、ポリシーに抵触すると、「宛先警告」、「添付ファイル警告」、「ユーザー定義警告」などを発して利用者に確認を促す。また未読メールの開封時に、設定キーワードや指定したドメイン以外と合致した場合にも、警告画面を表示する。

また、警告に対して利用者がどのような操作を行ったかログを取得できるため、問題発生時の原因特定も可能。今後は、他メールソフトやメールサーバへの対応を拡大する予定だとしている。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず