Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が委託先従業員宅からWinny上に流出 - 山口市

山口市(旧秋穂町)の業務委託先から住民の個人情報情報がWinny上へ流出したことがわかった。総務省が5月14日に山口県を通じて同市へ指摘、流出が判明した。

外部へ漏洩したのは、2005年に同市へ合併した旧秋穂町の税務関連情報。2003年から2004年にかけてのデータで、町民の個人情報が含まれており、合併時に利用されたものだという。

同市からシステム保守などを受託した山口電子計算センターの従業員が自宅へデータを持ち帰り、私用パソコンに保存。パソコンにはWinnyがインストールされており、ウイルスに感染したことから外部に流出したとみられている。

同市では、事態を総務省と山口県に報告。さらに関連する住民へ書面による謝罪を行った。持ち出しは規定で禁止しており、同市では、業務委託先に対して委託契約の履行義務違反があったとして厳しい対処を行う方針だ。

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性