Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛南町の住基情報約2万6000件がWinny上へ流出

愛媛県愛南町住民の個人情報約2万6000件がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

2004年に南宇和郡において町村合併を行う際、システム構築を依頼した業務委託先のデンケンから流出したもの。5月14日に総務省から愛媛県を通じて指摘があり判明した。流出時期はわかっていないという。

同町へ合併した旧城辺町、旧西海町の住民基本台帳の情報、それぞれ2万1913件、4009件のほか、城辺町で移行に用いたファイル1万5600件や金融機関の口座管理ファイル287件について、現在流出が確認されている。

業務は、旧城辺町庁舎内か業務委託先事務所にて行うよう定めていたが守られておらず、従業員が持ち帰り業務をしていたもので、業務終了後も破棄されていなかった。流出もととなったパソコンには、住民の情報約10万件が保存されていたという。

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大