Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛南町の住基情報約2万6000件がWinny上へ流出

愛媛県愛南町住民の個人情報約2万6000件がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

2004年に南宇和郡において町村合併を行う際、システム構築を依頼した業務委託先のデンケンから流出したもの。5月14日に総務省から愛媛県を通じて指摘があり判明した。流出時期はわかっていないという。

同町へ合併した旧城辺町、旧西海町の住民基本台帳の情報、それぞれ2万1913件、4009件のほか、城辺町で移行に用いたファイル1万5600件や金融機関の口座管理ファイル287件について、現在流出が確認されている。

業務は、旧城辺町庁舎内か業務委託先事務所にて行うよう定めていたが守られておらず、従業員が持ち帰り業務をしていたもので、業務終了後も破棄されていなかった。流出もととなったパソコンには、住民の情報約10万件が保存されていたという。

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム