Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛南町の住基情報約2万6000件がWinny上へ流出

愛媛県愛南町住民の個人情報約2万6000件がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

2004年に南宇和郡において町村合併を行う際、システム構築を依頼した業務委託先のデンケンから流出したもの。5月14日に総務省から愛媛県を通じて指摘があり判明した。流出時期はわかっていないという。

同町へ合併した旧城辺町、旧西海町の住民基本台帳の情報、それぞれ2万1913件、4009件のほか、城辺町で移行に用いたファイル1万5600件や金融機関の口座管理ファイル287件について、現在流出が確認されている。

業務は、旧城辺町庁舎内か業務委託先事務所にて行うよう定めていたが守られておらず、従業員が持ち帰り業務をしていたもので、業務終了後も破棄されていなかった。流出もととなったパソコンには、住民の情報約10万件が保存されていたという。

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正