Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内パソコンソフトの違法コピー率が減少するも損害額は世界5位 - BSA調査

国内の違法コピーによる損害額は約2140億円でワースト5位に入ったことがビジネスソフトウェアアライアンスの「第4回世界ソフトウェア違法コピー調査」により判明した。

同調査は、2006年におけるコンピュータソフトウェアの違法コピー状況を調べたもの。同調査によれば、全世界の違法コピー率は35%で過去の調査結果と同率だったが、損害額は約4兆8000億円で前年に比べ15%、約6100億円上昇した。

調査対象となった世界102カ国のうち、62カ国では違法コピー率の緩やかな減少が見られた。特に中国では、政府や業界による啓発活動や監視の強化などの取り組みにより、最近3年間で10%の減少を記録。BSA会長兼CEOのRobert Holleyman氏は「違法コピー率が継続的に低下しており、将来が楽しみ。中国政府の取り組みを心強く思う」と評価した。

日本における違法コピー率は前年より3ポイント減の25%で、低違法コピー率の国別ランキングではアメリカ、ニュージーランドに次いで3位。一方、損害額は約2140億円で、アメリカ、中国、フランス、ロシアに続いてワースト5位となった。

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増