Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレッツやひかり電話の不通が解消 - 原因は調査中

NTT東日本は、不通となっていたインターネット接続サービスやIP電話が5月16日1時35分に全面回復したと発表した。

同社がサービス提供する東日本地域において、5月15日18時44分ごろから14都道県で約7時間にわたりサービスが利用できなくなった。影響がでたのは、フレッツサービス285万回線やひかり電話約59万回線。調査により不通となったより正確な回線数が判明しており、当初発表の不通回線数から減少している。

また今回の事故による顧客からの問い合わせは、0時半の時点で約1万1300件に上った。不通の原因は判明しておらず、同社では調査を進めているという。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT東のフレッツやひかり電話が不通に - 17都道県約400万回線に影響
http://www.security-next.com/006000.html

(Security NEXT - 2007/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー