Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出の原因は設定不備 - メナードが調査結果

日本メナード化粧品が運営するウェブサイトから個人情報が外部へ流出した問題で、同社では調査結果を明らかにした。

同社では、4月13日に関連サイトから個人情報165件が流出した可能性を公表、その後の調査を進めていた。同社によれば、2006年12月30日から2007年4月10日にかけて、「薬用リシアルEXサイト」の「リシアルスタイル」ページや、「フェイシャルサロンサイト」における資料請求、同社サイトの「お問い合わせ」などを利用した顧客の個人情報が外部へ流出していることが判明したという。

含まれる個人情報は、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、年齢や性別、職業のほか、担当者との間で送受信した内容など。同社によると今回の事故原因はメールにおけるセキュリティの設定不備で、外部から閲覧できる状態になった。

同社では問題が発生したシステムを停止し、ウェブサイトで受け付けた個人情報を閲覧するコンピュータを1台に限定したという。またセキュリティの設定変更後、閲覧できない状態であることを確認、関連する顧客へ謝罪する書面を送付した。ウェブサイトについては、システムを変更し、漏洩の可能がなくなったとして公開を再開している。

(Security NEXT - 2007/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに