Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

はしか集団発生の注意喚起で患者情報を流出 - 大阪府

大阪府は、大阪狭山市内の学校で発生したはしかの集団感染の注意喚起を市町村へ行った際、誤って感染した生徒の個人情報を市町村保健担当課へ送信したと公表した。

5月11日に注意喚起のメールで氏名や年齢、症状など30名分の個人情報を誤送信したもの。受信した市町村から指摘を受けて判明し、同府では削除を依頼した。同府では、関係する学校を訪問し、謝罪と経過説明を行っている。

注意喚起の文書を作成する際、誤って患者情報を取り込んだのが原因で、送付時に上司の確認なども行われていなかったという。メールは府と市町村の担当者が連絡を取るために利用しているもので、各市町村の職員以外は見られないとしている。

(Security NEXT - 2007/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市