Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業が受信するメールの9割以上が迷惑メール - ソニックウォール調査

ソニックウォールは、2007年第1四半期の迷惑メールに関する調査レポートを発表した。前四半期と比較すると、迷惑メールの量は24.46%の増加が見られたという。

同レポートは、「SonicWALL Email Security」ユーザーからの報告、および同社のSMARTLABSネットワークを通じて得たメール利用者の声を集計してまとめたもの。前四半期と比較すると、フィッシングやウイルスメール、不特定多数のアドレスにメールを大量送信するDHA攻撃なども含めた包括的な迷惑メールの量は、24.46%増加した。

そのうち、フィッシングメールは全体の1%以下にとどまっているものの、増加傾向にあるという。また1月中旬には急激な増加が見られた。これは、年末年始に発生した請求書の支払いなど、クレジットカードの利用頻度が高くなる時期をねらったものではないかと同社では分析している。

(Security NEXT - 2007/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開