Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の口座番号など含む伝票約350枚を紛失 - 静岡銀行

静岡銀行は、顧客情報が記載された伝票約350枚を紛失したと発表した。誤廃棄の可能性が高いとしている。

紛失が判明したのは、2000年4月17日に清水町支店で取り扱った伝票約350枚。顧客の氏名、住所、口座番号、取引金額などが記載されていた。内部監査により判明したもので、行内で誤って廃棄した可能性が高いという。

紛失した伝票に関わる取引情報はすべて電子情報として保存されているため、業務に支障はないと説明している。

(Security NEXT - 2007/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市