Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Share」利用はゴールデンウィーク最終日に頂点迎え15万超え

ネットエージェントは、ゴールデンウィークに検知したファイル交換ソフト「Share」のノード数を公表した。

Shareのノード数は、ゴールデンウィーク前半となる28日から30日までは14万前後、後半4連休では、13万から15万へ推移した。もっとも多かったのは最終日となる6日で15万を超えている。

同社では10日にWinnyの状況についても発表しているが、Winnyではゴールデンウィーク前半に利用が活発化しており、異なる傾向が現れている。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ