Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通顧客の個人情報638件がインターネット上へ流出

富士通の顧客情報が、ファイル交換ソフトを通じてインターネットへ流出したことがわかった。

富士通よりコンピュータの修理を受託していた富士通ゼネラル関連会社従業員のパソコンを経由してインターネット上へ流出したもの。流出したデータは、2001年10月から2002年4月までの間に同社製コンピュータを修理した顧客情報の一部で、氏名や住所、電話番号など638件の個人情報が含まれる。

11日の時点で不正に利用されたとの報告はないという。富士通と富士通ゼネラルでは、関連する顧客に対して書面を通じて個別に事情を説明、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず