Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通顧客の個人情報638件がインターネット上へ流出

富士通の顧客情報が、ファイル交換ソフトを通じてインターネットへ流出したことがわかった。

富士通よりコンピュータの修理を受託していた富士通ゼネラル関連会社従業員のパソコンを経由してインターネット上へ流出したもの。流出したデータは、2001年10月から2002年4月までの間に同社製コンピュータを修理した顧客情報の一部で、氏名や住所、電話番号など638件の個人情報が含まれる。

11日の時点で不正に利用されたとの報告はないという。富士通と富士通ゼネラルでは、関連する顧客に対して書面を通じて個別に事情を説明、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備