Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者のメールアドレス163件が流出 - 総務省

総務省は、一部政策の関係者に対してメールを送信する際、操作ミスにより他受信者のメールアドレスが流出したと発表した。

情報通信政策局技術政策課が、5月8日に戦略的情報通信研究開発推進制度の関係者へメールを送信した際に事故が発生したもの。受信者163名のメールアドレスが関係ない他の受信者にも確認できる状態になった。同省では関係者に謝罪し、問題のメールについて削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開