Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インストールで報酬支払うアフィリエイト型アドウェアが蔓延

インストールさせることにより報酬が発生するアフィリエイト方式を採用したアドウェアが出回っているとしてセキュリティベンダーのウェブルートは注意を促している。

同社が提供するスパイウェア検索ツールにより4月に検出したアドウェアの傾向としては、P2PソフトへのバンドルやActiveXによりインストールするものが減少する一方、「SnapInstalls」をはじめ、インストールさせることによりサイト運営者に報酬が入るタイプのアドウェアが蔓延しているという。

またアドウェアは、ウェブ経由でインストールされるだけでなく、トロイの木馬経由で侵入する可能性もあることから、アドウェアが検出された場合はトロイの木馬に感染していないか確認することが重要だとしている。さらにアニメーションカーソルの脆弱性を狙うトロイの木馬が目立っており、ウェブ経由で感染することも多いからセキュリティパッチの適用などを訴えている。

同社が発表したカテゴリーごとの検出数トップテンは以下のとおり。

アドウェア

1位:CnsMin
2位:Cydoor
3位:DriveCleaner
4位:System Doctor 2006
5位:GAIN
6位:SearchTool
7位:180search Assistant/Zango
8位:VirusBurst FakeAlert
9位:WhenU
10位:WhenU SaveNow

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Hachilem
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:UkVideo
5位:Trojan Downloader Matcash
6位:Trojan Agent Winlogonhook
7位:Trojan Backdoor FlyYu
8位:Trojan Rbot
9位:Trojan Backdoor us15info
10位:Trojan Busky

システムモニタ

1位:Any@Web
2位:Skin98
3位:Win-Spy Monitor
4位:Active Keylogger
5位:Sc-Keylog
6位:Captain Mnemo
7位:Sword Keylogger
8位:Trojan Keylogger Lineage
9位:ICUSurf
10位:ChatWatch

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート