Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業年金連合会、個人情報含む帳票1012名分を紛失 - 配送業者が誤廃棄か

企業年金連合会は、年金受給者の個人情報が記載された帳票を紛失したと発表した。配送業者が誤廃棄した可能性が高いとしている。

所在が不明になっているのは、同連合会が厚生年金基金へ提供している帳票類。具体的には、「中途脱退者受理通知書」「現価相当額調整通知書」「記録事項訂正処理報告書」「厚生年金保険支給停止対象者一覧表」「支給停止情報等登録者一覧表」の5種類で、氏名、生年月日、基礎年金番号など1012名分の個人情報が記載されていた。

基金へ配送する過程において紛失したと見られ、同連合会では調査を実施し、委託配送業者が誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。関連する受給者には、書面で経緯説明して謝罪、また基金に対しても謝罪し、帳票を再作成して提供した。

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県