Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報や従業員の個人情報などがWinny流出 - 情報技術開発

情報技術開発は、顧客情報や同社従業員の個人情報などが、従業員自宅のパソコンからファイル交換ソフト「Winny」を経由してネット上に流出したと発表した。

4月19日に判明したもので、同社によれば顧客企業50社分、従業員58名分の氏名や所属部署といった情報が漏洩したという。くわえて、協力企業26社、従業員98名分や同社従業員485名分の個人情報が流出しており、いずれも所属部署、メールアドレスなどが含まれていた。

従業員が自宅のパソコンに保存していたところ、パソコンがウイルスに感染したことによりWinnyネットワーク上に流出。不正利用などの情報は寄せられていないという。同社では該当する関係者に対し、説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化