Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SP盤など劣化進む歴史的音源の保存目指す - 業界6団体が協議会設置

アナログレコード初期のSP盤など、歴史的価値が高い音源を保存、有効活用するため、業界6団体は「歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)」を設置した。

SP盤は、LP盤が発売される以前の初期のレコード。音楽だけでなく演説やニュースなど歴史的記録なども多い。回転数が78回転と早いため1枚あたりの記録時間が短く、クラシックなど交響曲の場合、複数になることもある。また材質の問題で、劣化しやすく、落下により破損しやすい。

同協議会では、歴史的や文化的な側面から資産価値が高いSP盤の音源保存を目指すもので、収録技術や音声フォーマットを検討する技術検討部会と、運用ルールの策定する運用検討部会を設置。

1900年から1950年ごろまでに国内で製作された音楽や演説などのSP盤や金属原盤など約7万曲を対象に、2008度からメタデータの整備や音源のアーカイブを開始。2011年度から公開する計画だ。

参加団体は、日本放送協会、日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会、日本伝統文化振興財団、映像産業振興機構、日本レコード協会の6団体。

(Security NEXT - 2007/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム