Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

札幌市職員の私用PCから個人情報含む業務関連情報がWinny流出

札幌市環境局の職員自宅にあるパソコンから、個人情報25名分や取引先事業者655社分など、業務関連情報がWinnyを介して流出した。

流出したのは、ニューヨーク財団から借り受けたイサム・ノグチの彫刻作品を返還した際の、事務処理に関わるデータ。データには、ニューヨーク財団および日本財団の主要メンバー11名、作品の輸送業務関係者5名、その他関係者9名の氏名など個人情報が含まれていた。

さらに造園事業者285社や土木設計会社370社など、のべ2385件の情報が記載された2種類のリストが流出。「企業評価点データベース」では、業者名、所在、業務内容、企業評価などが記載され、「造園工事発注状況一覧表」では、発注工事名、受注業者名、担当者名、契約額などが含まれる。そのほか、個人情報や事業者に関する情報は含まれていないものの、複数の事務関連書類が流出している。

同職員がデータを持ち帰って自宅パソコンに保存していたところ、ウイルス感染によりWinnyを介して流出。4月19日に総務省より北海道経由で指摘があり、判明した。同職員は2005年から2006年夏ごろまで業務データを自宅へ持ち帰っていた。流出時期は特定できていない。

同市では、業務情報の持ち出しは原則禁止としており、必要な場合は上司の許可を得て管理簿に記録することが義務づけられていた。しかし実際には無許可の持ち出しが黙認されていた。今後はデータ持ち出しの厳格化やファイル共有ソフトの禁止など、再発防止策を検討するという。

(Security NEXT - 2007/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも