Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策ソフトで検知できないボット検体1711件を入手 - 政府ボット対策プロジェクト

政府が進めるボット対策プロジェクトが、2006年度にハニーポットで入手したボットは、約97万件にのぼった。従来より把握されていなかった未知のボット1711件も含まれていたという。

同プロジェクトは、2006年12月から総務省と経済産業省が中心となり、ISPやセキュリティベンダーなど民間企業なども参加しながら、ボットに関するデータ収集や情報共有、ポータルサイトの立ち上げ、駆除ツールの配布などの活動を進めているもの。国内のボット感染率は2~2.5%ほどで、40~50万台に感染していると予測されており、官民が協力して対策を進めている。

同プロジェクトが、おとりのパソコンを設置して2006年度に入手したボットプログラムの検体は、のべ97万4999件で、同様の特徴を持つなど重複するものを除いても3万1082件に達した。それら検体のなかには、市販のウイルス対策ソフトで検知できない未知のプログラムも1711件含まれていたという。同プロジェクトでは、そのなかの1259件について駆除ツールで対応、無償で配布するなど対策を実施した。

駆除ツールは、2006年度中に9回の更新が実施され、ダウンロードされた件数は5万4699件だった。またISPが把握した感染者6005名へ注意喚起も実施した結果、約30.8%にあたる1851人が駆除ツールをダウンロードしたという。

(Security NEXT - 2007/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト