Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISS、「Proventia Desktop Endpoint Security 9.0」を発売

インターネットセキュリティシステムズは、エンドポイントの包括的なセキュリティ対策が行える「Proventia Desktop Endpoint Security 9.0」を発売した。

同製品は、ファイアウォールやIPS、ウイルス対策などクライアントPCの包括的なセキュリティ環境を実現するソリューション。アクセス制限をはじめ、ウイルスやスパイウェア、不正アクセスなどからクライアントPCを保護することが可能。

今回発表された最新版では、BitDefenderとのアライアンスにより、同社のウイルスおよびスパイウェアの対策エンジンをオプションで追加可能。従来より提供されるエンジンと併用することで既知、未知いずれのウイルスに対しても防御を強化できる。またシスコシステムズのNACへの対応した。

(Security NEXT - 2007/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始