Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トリスター、Vistaに対応した遠隔データ消去ソフトを発売

トリスターは、遠隔操作でPC内のデータを消去するソフトウェア「TRUST DELETE Vista対応版」を4月20日に発売する。価格は6279円。

同製品は、あらかじめコンピュータ内の機密情報などを消去対象を設定しておくことにより、紛失時などインターネット経由で消去操作を実施できるソフトウェア。対象のパソコンがインターネットに接続されない場合も一定時間後に消去対象データを見えなくする「不可視タイマー機能」を搭載。さらにインターネットへの接続を促すダミーのアラートを表示する。

削除方法は、復元ソフトによるデータの回復が可能だが高速に消去する「パフォーマンス優先」と米国国家安全保障局の消去方式を採用した「セキュリティ優先」を用意した。

(Security NEXT - 2007/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を