Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows DNSサーバーの脆弱性にゼロデイ攻撃が発生 - MSは更新プログラムを準備

マイクロソフトは、同社サーバ製品におけるDNSサーバ機能の一部に脆弱性があり、悪用される可能性があるとして更新プログラムの準備を進めている。

影響があるのは、「Windows 2000 Server SP4」「Windows Server 2003 SP1」「Windows Server 2003 SP2」で、DNSサーバのリモートプロシージャコール機能に脆弱性が存在し、コードが実行される可能性がある。

すでに脆弱性に対する攻撃についても報告を受けており、同社では月例更新以外での提供も視野に入れ、更新プログラムの開発を進めている。また、根本的な解決とはならないが、レジストリキーの設定によりDNSサーバーのRPC機能のリモート管理を無効にすることで攻撃を回避することができる。

Windows DNSサーバーのRPC の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/935964.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース