Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩で日本郵政公社に厳重注意 - 総務省

総務省は、日本郵政公社において約29万件の個人情報漏洩事件が発生したことを受け、文書による厳重注意の指導を行った。

問題となった漏洩事件は、2007年1月に同社従業員が埼玉県草加市内において車上荒らしに遭い、郵便振替口座情報約29万件を保存したUSBメモリを盗まれたもの。USBメモリは千葉県内で拾得、回収されている。同社では事故の状況を同省に対し3月23日付で報告している。

同省では、過去に同社において個人情報漏洩事件が発生したことを受け、記憶媒体の持ち込みや顧客情報の持ち出しの禁止など再発防止策の報告を2006年4月に受けた経緯があり、これら対策が不十分だったとして今回の措置となった。同省では、同社がに対して再発防止策など、7月末まで報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2007/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避