Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気家庭用ゲーム機「Wii」向けフィルタリングサービス - デジタルアーツ

デジタルアーツは、任天堂製人気家庭用ゲーム機「Wii」向けにフィルタリングサービス「i-フィルター for Wii」の提供を開始した。月額利用料は315円。

同サービスは、Wiiとテレビによりインターネットを利用できる「インターネットチャンネル」の正式配信に合わせ、スタートしたもの。暴力表現やアダルトといった情報を含むサイトや出会い系のほか、フィッシングやワンクリック詐欺サイトへのアクセスをブロックする。

同サービスは、「インターネットチャンネル」や同社ウェブページより申し込みできる。また、同社では2008年4月末まで「Wiiでi-フィルター安心キャンペーン」を実施する。同キャンペーン期間中は、無料で「i-フィルター for Wii」を利用できる。

(Security NEXT - 2007/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県