Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテックとRSAセキュリティ、ID管理製品にワンタイムパスワード機能を追加

インテックとRSAセキュリティは、ID管理製品「MaXware Identity Center」とワンタイムパスワード製品「RSA SecurID」を組み合わせたセキュリティソリューションの提供を開始した。

インテックが販売する「MaXware Identity Center」は、ノルウェーのマックスウェアが開発したID管理製品。システムごとに設定されているユーザーIDの一元管理を可能で、RSAセキュリティの「RSA SecurID」との連携により、同システムでワンタイムパスワードによる認証が可能となった。

両社ではすでに、「MaXware Identity Center」とRSAセキュリティのウェブアクセス管理製品「RSA Access Manager」を組み合わせたシステムを提供しており、今回連携を実現した「RSA SecurID」を組み合わせて利用することもできる。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle