Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテックとRSAセキュリティ、ID管理製品にワンタイムパスワード機能を追加

インテックとRSAセキュリティは、ID管理製品「MaXware Identity Center」とワンタイムパスワード製品「RSA SecurID」を組み合わせたセキュリティソリューションの提供を開始した。

インテックが販売する「MaXware Identity Center」は、ノルウェーのマックスウェアが開発したID管理製品。システムごとに設定されているユーザーIDの一元管理を可能で、RSAセキュリティの「RSA SecurID」との連携により、同システムでワンタイムパスワードによる認証が可能となった。

両社ではすでに、「MaXware Identity Center」とRSAセキュリティのウェブアクセス管理製品「RSA Access Manager」を組み合わせたシステムを提供しており、今回連携を実現した「RSA SecurID」を組み合わせて利用することもできる。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に