Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウズしながらウェブアプリの脆弱性を検査 - アシアル

アシアルは、ウェブアプリケーションの脆弱性を発見するセキュリティスキャナ「Chorizo!」を提供開始した。

同ツールは、ウェブアプリケーションの脆弱性を検出するセキュリティスキャナ。クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションのほか、AJAXに起因するセキュリティホールの検出に対応。ASPサービスやアプライアンスサービスとして提供され、プロキシサーバとして動作するため、ブラウズしながらサイトのスキャンができる。

無償版と商用版が用意されており、無償版では、ブラウザのスキャンやバグの表示など基本機能が利用可能。スキャンできるホスト数が制限される。

商用サービス版では、基本機能にくわえPHPエクステンションの「Morcilla」を使った検査や、スキャンの履歴、解析、および解決法のアドバイスなどが提供される。価格は初年度が5万2000円。2年目以降が6万2800円。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区