Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウズしながらウェブアプリの脆弱性を検査 - アシアル

アシアルは、ウェブアプリケーションの脆弱性を発見するセキュリティスキャナ「Chorizo!」を提供開始した。

同ツールは、ウェブアプリケーションの脆弱性を検出するセキュリティスキャナ。クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションのほか、AJAXに起因するセキュリティホールの検出に対応。ASPサービスやアプライアンスサービスとして提供され、プロキシサーバとして動作するため、ブラウズしながらサイトのスキャンができる。

無償版と商用版が用意されており、無償版では、ブラウザのスキャンやバグの表示など基本機能が利用可能。スキャンできるホスト数が制限される。

商用サービス版では、基本機能にくわえPHPエクステンションの「Morcilla」を使った検査や、スキャンの履歴、解析、および解決法のアドバイスなどが提供される。価格は初年度が5万2000円。2年目以降が6万2800円。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle