Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を含む架空請求メールに注意 - 流出個人情報を悪用か

総務省は、個人情報が記載された架空請求のメールが携帯電話へ送られているとして注意を促している。

問題のメールは、同じ内容のメールを多数に送りつける手口とは異なり、メール本文中に個人情報を記載することで受信者の不安を煽るもので、同省中国総合通信局へ相談が多数寄せられているという。

同局では、悪質な業者が何らかの方法で個人情報を入手し、利用している可能性があるとしており、請求メールにある連絡先へ不用意に連絡せず、もし執拗な請求を受けた場合は警察へ相談するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多