Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遠州鉄道、ウェブ会員への案内メール誤送信でアドレス137件を流出

遠州鉄道は、4月2日、国内旅行の企画、開催を行っている「バンビツアー」のウェブ会員へ案内メールを送信した際、誤ってアドレス137件が表示された状態で送信したと発表した。

誤送信が発生したのは、ウェブ会員向けの案内メール「お得なWEB特別企画スイーツバイキングと名古屋」。1999件を50回に分割して送信したが、そのうち159件のメールを宛先に設定して送ったため、受信者にアドレスが表示された状態となった。重複分が含まれるため、実際に流出したアドレスは137件だったという。

該当する会員に対し報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信メールの削除を依頼した。同社では再発防止に向け、メール送信業務全般を見直すとしている。

(Security NEXT - 2007/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ