Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JCB、プログラムミスで信用情報22万4460名分を登録ミス

JCBは、同社が信用情報を登録している全国銀行個人信用情報センターに対し、一部顧客について債務残高の報告を2006年12月6日以降行っていなかったと発表した。

今回の事故はプログラムミスによるもので、同社やフランチャイジーが発行するJCBカードにおいて、2006年10月末時点でショッピングリボ払い、ショッピング分割払い、キャッシングサービスのいずれかを利用し、同年11月末時点で債務残高の合計額が0円だった22万4460名に影響が出たという。

対象となる利用者は、債務残高が0円となったはずが更新報告が行われず、10月時点の債務残高が登録された状態のままとなり、最長で2007年3月20日まで、誤った情報が登録された状態になった。

2006年10月に全国銀行個人信用情報センターへの報告内容が変更となったことから、同社ではプログラムの変更を実施したが、約60万件について債務残高を報告基準より少なく算出するミスが判明。

さらにプログラムの修正を実施したが、その修正後プログラムについても一部に不具合があったため、それ以降の報告が行われていなかった。今回の登録ミスにより契約に影響が出た事例は、現在のところ確認されていないという。

同社では、2007年3月20日までに登録データの更新を実施した。顧客に対してて、書面で謝罪、事情を説明する。

JCB
http://www.jcb.co.jp/

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携