Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シャトレーゼFC店で事務所荒らしの被害 - 個人情報盗難の可能性

菓子販売のフランチャイズチェーンを展開するシャトレーゼは、新潟県内のFC店において事務所荒らしの被害が発生したと発表した。その際に個人情報を含む可能性があるUSBメモリを盗まれたという。

同社によれば、タカチホが運営するシャトレーゼ新潟女池店において4月1日に何者かが事務所に侵入し、金庫を破壊されたほか、事務内にあるアタッシュケース内に入っていた手帳やUSBメモリが持ち去られた。USBメモリには、2001年から2006年までに同店へクリスマス商品を予約した顧客の住所や氏名、電話番号など、個人情報3554件が保存されているおそれがある。

今のところ個人情報の不正使用といった報告は寄せられていないという。シャトレーゼとタカチホでは、謝罪する書面を関係者へ送付、住所がわからない場合、電話により事情を報告するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から