Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シャトレーゼFC店で事務所荒らしの被害 - 個人情報盗難の可能性

菓子販売のフランチャイズチェーンを展開するシャトレーゼは、新潟県内のFC店において事務所荒らしの被害が発生したと発表した。その際に個人情報を含む可能性があるUSBメモリを盗まれたという。

同社によれば、タカチホが運営するシャトレーゼ新潟女池店において4月1日に何者かが事務所に侵入し、金庫を破壊されたほか、事務内にあるアタッシュケース内に入っていた手帳やUSBメモリが持ち去られた。USBメモリには、2001年から2006年までに同店へクリスマス商品を予約した顧客の住所や氏名、電話番号など、個人情報3554件が保存されているおそれがある。

今のところ個人情報の不正使用といった報告は寄せられていないという。シャトレーゼとタカチホでは、謝罪する書面を関係者へ送付、住所がわからない場合、電話により事情を報告するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割