Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MySpace経由で感染するアドウェアもランクイン - ウェブルートのスパイウェア調査

ウェブルート・ソフトウェアは、3月のスパイウェアの検知状況を取りまとめた。

アドウェアにおいては、フリーウェアにバンドルされている「Cydoor」やセキュリティ対策ソフトを偽装した不正ソフト「DriveCleaner」「System Doctor 2006」など、ローカライズされた影響からか検出が多く報告された。一方で、ワールドワイドでは、「MySpace」などを使ってインストールされる「180search Assistant/Zango」がトップだったが、国内ではMySpaceユーザが少ないためか7位と低かった。

またトロイの木馬は、ウェブサイトの改ざんなどにより被害が拡大していた「Trojan-Downloder-Zlob」が引き続き首位となった。不正ソフトのダウンロードさけでなく、バックドアを作成する亜種も見つかっている。

システムモニタでは、今回はランク外だったが、「SnoopStick」が発見されている。IMやメール、ウェブ閲覧などを監視する市販のシステムモニタだが、インストールの覚えがない状態で発見された場合などは注意するよう同社では警告している。

同社がまとめたアドウェア、トロイの木馬、システムモニタのトップ10は以下のとおり。

アドウェア

1位:CnsMin
2位:Cydoor
3位:DriveCleaner
4位:System Doctor 2006
5位:GAIN
6位:SearchTool
7位:180search Assistant/Zango
8位:VirusBurst FakeAlert
9位:WhenU SaveNow
10位:WhenU

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan Hachilem
3位:Trojan-Downloader-Ruin
4位:UkVideo
5位:Trojan Downloader Matcash
6位:Trojan Agent Winlogonhook
7位:Trojan Backdoor FlyYu
8位:Trojan Rbot
9位:Trojan Backdoor us15info
10位:Trojan Busky

システムモニタ

1位:Any@Web
2位:Skin98
3位:Win-Spy Monitor
4位:Active Keylogger
5位:Sc-Keylog
6位:Sword Keylogger
7位:Captain Mnemo
8位:Trojan Keylogger Lineage
9位:ChatWatch
10位:IsMyMateCheatingOnline Pro

(Security NEXT - 2007/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA