Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号など顧客情報含む書類を紛失 - 東海労金

東海労働金庫は、3月16日に職員が三重県津市内で顧客22名分の個人情報が記載された顧客リストを紛失したと発表した。

紛失したのは、融資関連顧客を記載した一覧表で、22名分の氏名、電話番号、融資残高、引き落とし口座番号、預金残高などが記載されていた。三重県津市内の顧客宅を訪問した際、紛失したという。

同金庫では、該当する顧客に対し説明と謝罪を行った。今後は再発防止に向け、個人情報を含む重要書類の外部持ち出し禁止を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を