Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者661名の診療情報が盗難に - 兵庫県立成人病センター

兵庫県立成人病センターにおいて2月23日に研修医の執務室となっている医局において盗難事件が発生した。

今回の事件で被害に遭ったのは、パソコン7台やUSBメモリ6個などで、2月23日早朝に院内から何者かによって持ち去られたという。パソコンなどには、患者661名分の手術記録、画像記録、診療記録などが保存されていた。

警察による捜査が引き続き行われている。同センターでは、該当する患者に対し謝罪状を送付したとしている。

(Security NEXT - 2007/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース