Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスは微減、一方でワンクリック詐欺被害の相談が増加 - IPA

情報処理推進機構は、3月のウイルスや不正アクセスの状況を取りまとめ、公表した。

3月のウイルス検出数は、約66万個と前月から3万件の微減となった。届出件数についても前月比5.3%減となる2933件。検出件数トップは、「W32/Netsky」が約52万個と依然突出しており、約4万個の「VBS/Solow」、約3万個「W32/Sality」と続いている。

不正アクセスについては、届け出件数と相談件数の合計は前月の73件から56件と減少したものの、半数以上にあたる29件に被害が発生している。

ウイルスや不正アクセスが減少傾向を見せる一方で、情報セキュリティに関する相談件数は増加傾向にあり、2月が1019件だったのに対し、3月は1127件に達し、過去最高を記録。

なかでも、今年に入って増加傾向を見せていたワンクリック不正請求に関する相談が3月も増加。316件と過去最悪となった2月の287件をさらに大きく上回った。大手ポータルサイトから安全なポータルサイトを検索したつもりが、詐欺サイトへアクセスしてしまった例など報告されている。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に