Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリ防御に特化したファイアウォールサービス - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃を検知、防御する「Webアプリケーション・ファイアウォール管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、ウェブアプリケーションの防御に特化したもので、同社が提供するファイアウォールやIDS管理サービス「ファイアウォールネットワークセンター」の新メニューに追加された。

ネットワークレベルで不正侵入を防ぐ通常のファイアウォールでは防ぎきれない、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどの悪質な攻撃に対応し、サイトの改ざんや個人情報の不正取得などからウェブサイトを防御する。

機器の提供から初期コンサルティング、システム構築、導入後の機器監視、障害対応、設定変更までの一貫したサービスを提供。価格は、最小構成で初期費用が100万円、月額料金が50万円から。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle