Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インデックスとサイボウズが新会社を設立 - シンクライアント型サービスを展開

インデックス・ホールディングスとサイボウズは、共同出資会社「ZINGA株式会社」を設立した。両社は、企業向けのシンクライアント型情報セキュリティサービスを提供する。

新会社では、携帯電話向けコンテンツ事業を展開するインデックスと企業向け情報サービスを展開するサイボウズがそれぞれの強みを活かしたサービスを展開する予定。具体的には、インターネット、モバイル、ブロードバンドの情報コンテンツソフトや関連ソフトの開発、販売、および暗号技術を用いた個人情報管理サービスなどを提供する。

事業の足がかりとして携帯電話、パソコン、いずれでも利用できるシンクライアント型情報セキュリティサービスを開発。端末に顧客情報や交信記録を残さないため、端末の紛失による情報漏洩を防ぐことができる。サービスの開始は2007年5月を予定している。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle