Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市販データから抽出した見込み客情報がWinny流出 - 大塚商会

大塚商会は、従業員のパソコンにインストールされたWinnyを介して、顧客情報が流出したと発表した。

流出したのは、同社が以前に見込み客として作成した兵庫県内の企業情報5488社分のリスト。同社では、市販データから抽出して作成したと説明しており、企業名や住所、電話番号のほか、代表者の氏名など個人情報も含まれる。

従業員が業務データを自宅へ持ち帰っていたもので、3月26日に事故が発覚。同社によれば、3月24日にウイルスに感染し、Winny経由で流出した。同社ではデータの持ち出しや個人パソコンへの保存、Winnyの利用は規定で禁止していたという。

同社では今回の事故を受け、流出したデータに含まれる企業へ連絡を個別に取っている。また、専門家による管理体制の点検や、個人所有パソコンの監査、メール利用の監視強化など再発防止を進めるほか、同従業員や関係役員について懲戒処分を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町