Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサイン、EV SSLサーバ証明書の発行を開始 - 割引キャンペーンも

ベリサインは、企業や組織を対象にEV SSLサーバ証明書「セキュア・サーバID EV」「グローバル・サーバID EV」の提供を開始した。

Extended Validation(EV) SSLサーバ証明は、米国の主要認証局とブラウザベンダーが設立した「CA/Browser Forum(CABF)」が認証プロセスを定義した認証プロセスを経て発行される電子証明書。

マイクロソフトの最新ブラウザIE 7.0では、アドレスバーの表示が変わり、視覚的にSSL通信を利用しているか確認できる機能が盛り込むなど、対応製品も登場している。

また、「グローバル・サーバID EV」では、40bitまたは56bitの暗号化しか利用できないブラウザの接続を自動的に128bitにする「SGC(Server Gated Cryptography)技術」に対応している。

同社では、発売を記念したキャンペーンを実施し、2007年5月31日に申請したユーザーを対象に10%の割引を実施する。

(Security NEXT - 2007/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施