Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタファイナンスが発行した一部ETCカードにゲートが開かない不具合

トヨタファイナンスが発行するETCカードの一部に不具合があったことがわかった。

同社が発行するTS CUBICカードの「ETC専用カード」2242枚に問題があったもので、ETC車載機に挿入していても、ETCゲートでバーが開かないなど不具合が発生するという。

不具合の原因は、カードの作成を請け負った凸版印刷においてETCカードを発行する際、装置の誤動作が発生し、誤った情報が書き込まれていたためで、凸版印刷では複数の原因をもとにした偶発的なエラーとして現在詳細を調査しているとしている。

問題のカードは3月19日にトヨタファイナンスより送付されており、同社では該当する顧客へ電話で直接連絡を取り、問題あるETCカードの利用を控えるよう説明を行っている。また問題を改善したカードの発送準備を進めており3月30日までには発送する見込み。

一方、カードを発行する凸版印刷では、今回の事故を受け、エラーの検知やデータの整合性を検証するシステムを導入したという。

トヨタファイナンス
http://www.toyota-finance.co.jp/

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正