Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

品川駅で個人情報1万2218件を含む内部書類を紛失 - JR東日本

JR東日本は、品川駅において顧客情報を記録した用紙を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、定期券発売機の記録紙117本。2007年1月に同駅の発売機で扱ったすべての情報が含まれ、1万2218件の個人情報が記載されていた。

含まれる個人情報は、氏名、性別、生年月日、定期券の種類や区間、金額のほか、一部では電話番号やクレジットカード番号の下3桁なども記載されていたという。

同社によれば、不正使用は報告されておらず、帳票整理の際、誤廃棄した可能性が高いと結論づけている。同社では顧客からの問い合わせについては、専用窓口を設置して対応するとしている。

(Security NEXT - 2007/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力