Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大垣市、社会保険料に関するデータが記録されたUSBメモリを紛失

岐阜県大垣市は、社会保険料に関するデータを保存したUSBメモリを紛失した。所在が不明となっているメモリには、保険料納付者の氏名および住所のほか、国民健康保険料、介護保険料などが保存されていた。

同市では、2007年度の市民税および県民税の申告相談へ対応するため、あらかじめ社会保険料控除額を確認できるように2006年中に納付された保険料データをメモリに保存。3月7日に同メモリの紛失が判明した。同市では、メモリの捜索と紛失原因の究明を進めている。

(Security NEXT - 2007/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド