Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマト運輸の引越サービスの顧客情報など160件がWinny流出

ヤマトホールディングスは、一部顧客や従業員の個人情報がWinny経由で流出したことを明らかにした。

同社グループ会社であるヤマト運輸の業務を継承した北信越ヤマトホームコンビニエンスの従業員が業務資料作成のために個人情報を持ち出したもの。従業員は、データをWinnyがインストールされていた私用パソコンで利用し、その結果個人情報160件を流出したという。

流出したデータには、従業員や2001年から2002年にヤマト運輸の引越サービスを利用した顧客の氏名や住所、電話番号などが含まれていた。流出時期は2006年4月以降と見られている。

同社では、関連する顧客に連絡を取り、事情説明を行う予定。また従来より業務関連情報などの持ち出しを同社グループにおいて禁止していたが、今回の事件が発生したことを受け、持ち出し禁止など管理強化を実施するなど再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2007/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院