Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁の名前も出てくる詐欺の新手口にご用心

金融庁は、融資の条件にあたかも同庁が関係するかのように偽装し、金銭をだまし取る詐欺が発生しているとして注意を促している。

同庁によれば、違法に融資を行っている事業者が、融資にあたり金融庁に登録している内容を変更しなければならないなどとまったく根拠のない理由で手数料をだまし取るケースが発生しており、同庁に相談が寄せられているという。

正規の弁済などによらずに信用情報機関に登録されている信用情報を操作することはできず、また同庁が個人における信用情報の管理や個別の貸し付けに関与することはないとして注意を促している。

(Security NEXT - 2007/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も