Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

習志野市、固定資産税の台帳が路上に落下し約200枚が飛散 - 3枚が未回収

習志野市は、3月19日に税金に関する帳票を清掃工場へ搬送中、車から路上に帳票の束が落下し、約200枚が周辺に飛散したと発表した。一部が未回収となっている。

同市によれば、不要となった2005年度の固定資産税名寄せ帳兼課税台帳を廃棄処分するため、市役所から清掃工場へ配送したが、後部ドアが施錠されておらず、開いて書類が路上に落下。強風にあおられて約200枚が周辺に飛散したという。

ただちに職員が回収に当たったが、19日午後3時の時点で3枚の未回収となり、飛散したと見られる地域の捜索を続けている。同市では、書類を拾得したら市役所資産税課まで連絡してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市