Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

習志野市、固定資産税の台帳が路上に落下し約200枚が飛散 - 3枚が未回収

習志野市は、3月19日に税金に関する帳票を清掃工場へ搬送中、車から路上に帳票の束が落下し、約200枚が周辺に飛散したと発表した。一部が未回収となっている。

同市によれば、不要となった2005年度の固定資産税名寄せ帳兼課税台帳を廃棄処分するため、市役所から清掃工場へ配送したが、後部ドアが施錠されておらず、開いて書類が路上に落下。強風にあおられて約200枚が周辺に飛散したという。

ただちに職員が回収に当たったが、19日午後3時の時点で3枚の未回収となり、飛散したと見られる地域の捜索を続けている。同市では、書類を拾得したら市役所資産税課まで連絡してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2007/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院