Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行で顧客情報17万5195件の紛失が判明 - 本支店や業務委託先で誤廃棄か

大分銀行は、本店を含む7店舗と業務委託先である関連会社の大銀ビジネスサービスにおいて顧客情報17万5195件を紛失したと発表した。

紛失したのは、顧客情報を記載したロール上の用紙「ATMジャーナル」。カナ氏名や銀行コード、支店コード、科目、口座番号、取引金額など個人情報が記載されている。

3月1日に大銀ビジネスサービスにおける紛失が判明。監視カメラの映像などから2月27日に委託会社従業員が他のゴミと一緒に持ち帰ったことが明らかとなり、その後誤廃棄したことがわかったという。

さらに同行は事故を受け、同様の事故がないか調査を実施したところ、7本支店においてもATMジャーナルの所在がわからなくなっていることが判明。同行では、不正利用の被害といった連絡もなく、誤廃棄の可能性が高いと結論付けている。

今回一連の事故で紛失した個人情報は合計17万5195件にのぼり、同行では関連する顧客に対して個別に文書で事情を説明、謝罪するという。また、行内の文書を本部で集中管理するなど再発防止策を実施するほか、関係者に対する処分を実施する予定。

(Security NEXT - 2007/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション