Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行で顧客情報17万5195件の紛失が判明 - 本支店や業務委託先で誤廃棄か

大分銀行は、本店を含む7店舗と業務委託先である関連会社の大銀ビジネスサービスにおいて顧客情報17万5195件を紛失したと発表した。

紛失したのは、顧客情報を記載したロール上の用紙「ATMジャーナル」。カナ氏名や銀行コード、支店コード、科目、口座番号、取引金額など個人情報が記載されている。

3月1日に大銀ビジネスサービスにおける紛失が判明。監視カメラの映像などから2月27日に委託会社従業員が他のゴミと一緒に持ち帰ったことが明らかとなり、その後誤廃棄したことがわかったという。

さらに同行は事故を受け、同様の事故がないか調査を実施したところ、7本支店においてもATMジャーナルの所在がわからなくなっていることが判明。同行では、不正利用の被害といった連絡もなく、誤廃棄の可能性が高いと結論付けている。

今回一連の事故で紛失した個人情報は合計17万5195件にのぼり、同行では関連する顧客に対して個別に文書で事情を説明、謝罪するという。また、行内の文書を本部で集中管理するなど再発防止策を実施するほか、関係者に対する処分を実施する予定。

(Security NEXT - 2007/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム